融資・資金繰り・事業再生

HOME > 融資・資金繰り・事業再生

こんなご相談を多くいただきます
毎月の資金繰りが苦しい、運転資金が回らない
返済負担が大きく、かなり厳しい状態が続いている
銀行から融資を断られた
売上が大きく減少している
倒産だけは何としても回避したい

経営者には常に資金繰りの悩みがつきまといます。
順風満帆に見えている会社でも、資金が足りなくなって黒字倒産といったことも考えられます。
その対策として、日頃から経営計画、資金繰り計画を立てておく必要があります。

サービスの概要

短期経営計画・中期経営計画策定

経営計画の最大の利点として、経営課題を明確にし、対策が立てられることにあります。
目標と実績を比較、検証することで、問題を迅速に解決することができます。

もう一つの大きな利点は、資金繰りの見通しが立つことです。
銀行は資金繰りの際、きちんとした計画のある企業を信用します。
特に、事業再生を行うにあたって資金繰りが回るようになることは必須条件です。
スムーズな融資を得るために信頼のある経営計画を一緒に立てていきましょう。

予算実績管理

計画通りに経営がすすむことは、なかなか難しいことです。
だからこそ、『達成管理の仕組み』による軌道修正が不可欠です。

月次決算の精度を高め、毎月の経営実績報告を迅速に行い、目標達成状況と今後の損益・キャッシュフローを確認し、『先行経営』を実現します。その為の『経理指導』や『自計化指導』『経営会議指導』『財務評価指導』などのサポートを行います。
経営計画立案から毎月の予実対比、資金繰り予定、リスク分析、タックスプラン、自社株分析…など企業経営に必要な『先行管理』をトータルサポートします。


リスケジュール

リスケジュール(リスケ)とは、毎月の返済が苦しい場合に返済額を見直すことです。 返済額は契約により決まっていますが、銀行と交渉して返済金額を減額してもらうことになります。 リスケと延滞とは全く異なります。
リスケによって資金繰りが一時的に好転しても、経営問題が解決したわけではありませんが、経営改善において見直さなければいけない非常に重要なものです。

まずはお電話くださいご相談・お問い合わせは052-339-2115【受付時間】9:00〜18:00 些細なことでも気兼ねなくご連絡ください。「はい、いとう会計です」と電話を取ります。その後に「ホームページを見て」と言っていただけるとスムーズにご対応できます。

ページトップへ